電波鉄道ファイブナイン ~君もアマチュア無線で空の旅を!~

MENU

実行委員長ご挨拶

  • HOME »
  • 実行委員長ご挨拶

  関西アマチュア無線フェスティバル実行委員会
  実行委員長 JL3JRY 屋田 純喜

  「銀河電波鉄道ファイブナイン」
  ~君もアマチュア無線で空の旅を!~

 
今年も「関西アマチュア無線フェスティバル」(KANHAM2018)を開催する運びとなりましたこと心よりお礼申し上げます。
今年で23回目の開催となるKANHAM2018。今年も早くから開催に向けての問い合わせがあり、出展者数はKANHAM史上過去最大のブース数となりました。皆さんからの熱い期待の高さを感じるスタートとなり今年の盛り上がりを大いに期待したいところです。

さて昨年、KANHAM永年の夢のプランの一つであった油井亀美也宇宙飛行士がこのKANHAMにやって来てくれました。これまでKANHAM はARISSスクールコンタクト(国際宇宙ステーション滞在の宇宙飛行士と子どもたちの交信イベント)とともに、子どもたちへアマチュア無線の魅力を広げていこうと活動してきました。宇宙への知識や経験者がほとんどなかったSTAFFが実際の宇宙飛行士にお会いし、新たなイベントを作る!新しいチャレンジに昨年のKANHAMは不安と期待でいっぱいでした。
初めて油井宇宙飛行士にお会いしたとき「国際宇宙ステーション(ISS)に実際に行かれた方」とアイドルに会うような気分でしたが、とても気さくな方で緊張もすぐに解け「ARISS」そして「宇宙」という壮大な話題で盛り上がりました。
そして油井宇宙飛行士講演は、1000名集客できる大ホールを子どもたちで満席とし、はじめて目にする宇宙飛行士の話に、子どもたちが聞き入っていたのが大きな印象でした。
「油井亀美也宇宙飛行士」イベントの成功は、アマチュア無線を通じて大ホールを満席にできるまでKANHAMが成長したという証にもなり、想い出深いイベントとなりました。

さてアマチュア無線の魅力を発信するのが「KANHAM」開催の大きな目的です。
なんの変哲もない1本の電線が電波に乗って1000Kmを超え相手と通い会える。はじめて自分の出した電波のあの感動を多くの人たちと共有するのがこのKANHAM開催の大きな目的の一つです。そんな感動の出会いがこの2日間で見つかったなら!KANHAM実行委員会としてこんなに嬉しいことはありません。

文末ではございますが、ボランティアとして暑い中運営に協力いただいている実行委員会の皆さん、そして日々KANHAMを支えてくれる関係者の皆様に心からの感謝の意と、引き続きの皆様からの熱いご声援をいただきますようお願い致します。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.