MENU

第三級・第四級アマチュア無線技士国家試験

  • HOME »
  • 資格試験 »
  • 第三級・第四級アマチュア無線技士国家試験

「第18回 関西アマチュア無線フェスティバル(KANHAM 2013)」において、(財)日本無線協会によるアマチュア無線技士国家試験が行われます。

この国家試験は、「第18回 関西アマチュア無線フェスティバル」のために臨時に行われる試験で、試験終了後1時間で合否が発表されます。もし、午前の部で不合格でもうまく行けば午後の部で再チャレンジが可能です(受験料は毎回必要になります)。

合格された方は、当日の試験結果の発表後に同じ会場で行われる「ニューカマーセミナー」にぜひご参加ください。アマチュア無線の申請手続きからアマチュア無線についてのさまざまな事柄をわかりやすくお伝え致します。

なお、2005年11月の電波法改正により、第三級アマチュア無線技士の国家試験から電気通信術(モールス符号の聞き取り)が廃止された事を受け、第四級アマチュア無線技士の国家試験に加え、第三級アマチュア無線技士の国家試験も行われます。

試験会場
 池田市立カルチャープラザ(1階多目的ホール)

試験日程
 2013年7月13日(土)
  10:30~11:30 第四級アマチュア無線技士国家試験
  13:00~14:00 第四級アマチュア無線技士国家試験

 2013年7月14日(日)
  10:30~11:30 第三級アマチュア無線技士国家試験

7月14日に行われる試験は、第三級アマチュア無線技士国家試験のみです。ご注意下さい。

受験にかかる費用
  試験申請書の用紙代 120円
  試験手数料 第三級 5,200円、第四級 4,950円

受験に必要な物
 受験される方は、写真 2枚(試験用1、免許用1)、筆記用具(鉛筆、消しゴム、ボールペンなど)を持参してください。

試験の結果発表
 試験結果は試験終了の約1時間後に発表されます。

無線従事者免許証の申請
 試験の合格者は、合格当日に無線従事者免許証の申請が可能です。
 なお、無線従事者免許証の申請書には写真を貼り、氏名・生年月日を証明する書類(住民票等)を添付するか、住民票コードを記載する必要があります。

 無線従事者免許申請手数料等
  免許申請書の用紙代 170 円
  手数料 2,100 円(申請取次料350円を含む。)

※なお、国家試験に関する詳細は、(財)日本無線協会のこちらの書類(PDF)をご覧下さい。

当日は大変沢山の方がこの国家試験を受験される事が予想されておりますので、受験を希望される方はお早目のご来場をお勧め致します。

アマチュア無線技士の免許をお持ちでない方のみならず、現在第四級アマチュア無線技士の免許をお持ちの方も、「第18回 関西アマチュア無線フェスティバル(KANHAM 2013)」会場で行われる国家試験の受験をぜひご検討下さい。

※この試験を受験される方向けの「受験対策直前勉強会」を、関西アマチュア無線フェスティバル実行委員会が行います。受験者の方は、ぜひご参加下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メニュー