MENU

CQコンテストマシーン製作講習会

※定員に達しましたので参加申し込みを締め切りました。

EPSON DSC picture

EPSON DSC picture

EPSON DSC picture

CWとPHONEの両方に対応し、メッセージの設定はパドルやマイクより行うため、運用時にはPCの接続は不要な「CQコンテストマシーン」の製作講習会を「第18回 関西アマチュア無線フェスティバル」で行います。

プリント基板は、組み立て・テスト済みのものをご用意しますので、当日は、基板間の配線などの10数本の半田付けと部品のケースへの実装が主な内容になります。

講師
・広瀬さん(JL1SYU)

頒布物
・シャーシ、部品付き基板(3枚セット)
・インターフェース用プラグ類
 ※説明資料(仕様、操作、組み立て、回路図を含む)

当日ご持参頂くもの
・参加費 15,000円
・工具(半田ごて、ニッパー、プラスドライバ、ラジオペンチ)
・糸半田
・やや細かい作業がありますので、必要な方はメガネをご持参ください

講習会内容
・基板間の配線等10数本の半田付け、組み立て
・動作確認
・操作方法、改造のポイント等の説明

この講習会で製作する「CQコンテストマシーン」の仕様は、

1. 機能
 -CWモード
  送出メッセージ記録数 4
  繰り返し送出モード あり
  エレキー機能 あり (符号長短比 微調整可能)
  送出メッセージ記録方法 エレキー機能にてパドルから入力
  最大文字数 メッセージ当たり65文字(ほぼ最悪の場合)
 -PHONEモード
  送出メッセージ記録数 2(それぞれ約15秒以内)
  繰り返し送出モード あり
 -パソコンとの連携
  なし(プログラムの改良時はWindowsパソコンからロードします。)
2. 電源
 外部からUSB-Bメスまたは2.1mm標準ジャック(センタープラス)へ
 DC4.7V~14.0Vを供給
3. 外形寸法
 縦100mm×横150mm×高さ40mm(突起物を除く)
4. 重さ
 約320g
5. その他
 基板は有鉛半田メッキ仕上げの専用両面基板
 電源以外のインターフェースは3.5mmミニジャック使用

となります。

この講習会に参加を希望する方は、講師の広瀬さんに、下記の電子メールアドレス宛に電子メールでお申込みください。

 shinroseあiris.eonet.ne.jp(あを@に置き換えてください)。

なお、台数に限りがありますので、定数に達した時点で参加申し込みを締め切ります。あらかじめ、ご了承ください。

場所
 池田市民文化会館 小会議室1

日時
 2013年7月13日(土) 10:30~12:00

講師
JL1SYU広瀬さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メニュー